Click to Watch in HD > 670A: 自分に影響を与えるものを見つけだす

Watch 2016年3月16日 「自分研究」ワークショップ in 八戸に 右半身の筋肉の硬さ(萎縮感)を訴える男性が参加しました。 読脳により男性の筋肉の硬さに影響を与えるものを探してみました。 あなたが知りたい答えは「自分の脳」にあります。 ここにアップしている動画は脳の情報を読み、その情報のとおりに行ったものです脳の情報を読む「読脳法」の開発者 伊東聖鎬(NPO「自分文化ー安住村」・生ーシステム研究会代表)は、姪の障害をきっかけに「病気とは何なのか?」「生きるとはどういうことなのか?」を研­究してきました。 医学では解決できない病気や症状を抱えた人と向き合う中で、発見した情報を全国の医療­者に伝えるためにセミナーを開催し、本当の意味で患者さんに協力できる人材を育成して­います。 また一般の人に対しては、『自分の体(事)は自分で良くしよう』と呼びかけを行い、 自分研究ワークショップや「自分研究」勉強会を開催し、そのための考え方や技術を指導­しています。(自分研究-自分療法) また、読脳法で原因や対応の方法を探り、指導する個別指導の場もあります。(あなた研­究-あなた療法) 詳細はホームページをご覧下さい cwポータルサイト  http://www.cw-system.jp/ 現代医学で良くならない難治な病気症状の研究会 http://www.cw-system.jp/sei_system/nbken/ お問合せ先:「生-システム」研究会、 http://www.cw-system.jp/sei_system/  NPO法人「自分文化-安住村」 http://www.npo-za.org/zws/index.php

Youtube Channel / cw0080
Loading